MENU

フッ素化材料フルオリード

医薬

4-tert-Butyl-2,6-dimethylphenylsulfur trifluoride
CAS:947725-04-4

概要

フルオリードはデオキソフッ素化反応用に開発した求核型のフッ素化材料です。室温・固体(融点66℃)で、170℃までの(ARC法)高い熱安定性を有することから、SF4(四フッ化硫黄)およびDASTの代替材料として、幅広いフッ素化反応に適用可能な材料です。

SF3
フッ素化材料フルオリード写真
保護基:トリフルオロ酢酸で容易に脱保護が可能です。 / 護基 あるいは脱離基として:Zn/酢酸で容易に脱保護が可能です。また酸化処理してスルフォネート体とすることで、脱離基として使用できます。

カタログ

お問い合わせ先

製品についてのお問い合わせ