MENU

モスハイジ®(繊維状塩基性硫酸マグネシウム)

モスハイジ®
モスハイジ®(繊維状塩基性硫酸マグネシウム)

概要

モスハイジ®は、海水から製造された水酸化マグネシウムと硫酸を原料として水熱合成で得られる塩基性硫酸マグネシウム無機繊維で、化学式はMgSO4・5Mg(OH)2・3H2Oです。
モスハイジ®のミクロな結晶形態は平均繊維長15µm、平均繊維径0.5µmのウィスカ状です。

モスハイジ®は体液に溶けやすく、万一肺内に吸入されても容易に溶解し、残留しないため、安全性が高いウィスカとして注目されております。
1994年には動物による吸入曝露試験により発癌性が無いことが確認されており、TSCA(アメリカの有害物質規制法)にも認可され、アメリカの輸出が可能となっております。
またヨーロッパにおきましても、安全性試験を通過し2008年にはREACH登録されております。
近年、樹脂部材の軽量化、高剛性化を目的としたフィラーとしてPPへの需要が拡大しているほか、製紙、ガスケット、摩擦材等の繊維強化や、塗料、接着剤等の粘度調整に使用されています。
また、アスベスト代替用の他、アスベストを含有する鉱物繊維の代替としても使用されております。

用途と添加効果

用途 対象 効果
軽量化材 PP樹脂・熱可塑性樹脂・ゴム フィラー量低減による軽量化、機械特性(特に剛性)の向上と成形品の良外観性、寸法安定性
繊維強化材 特殊紙・ガスケット・摩擦材 従来の繊維と比べより安全性が高い(アスベストの代替)
増粘材 内装モルタル材、塗料・接着材・熱硬化性樹脂 揺変性の付与による流動特性の制御(塗りやすさの追求)、軽量化、高強度化、ひび割れ防止
難燃材 紙・樹脂・ゴム・塗料他 結晶水の脱離(吸熱反応)による難燃化
吸油材 液状薬剤 液状の薬剤を担持させ、粉末として利用が可能
ろ過材 オイルフィルター・廃水処理 微細シリカの吸着、廃水中のナノ粒子の凝集

物性表

項目 物性
繊維長(µm) 8~30
繊維径(µm) 0.5~1.0
緩み見かけ比重 顆粒:0.2~0.3、粉末:0.04~0.1
熱分解温度(℃)
( )内は分解物
280~300(3H2O)
380~400(5H2O)
880~900(SO3
真比重 2.3
比表面積(m2/g) 7~15
モース硬度 2.5
屈折率 1.53
白色度 >93
pH 9.5
溶解度(g/L) 水:0.03
Gamble's溶液:0.46
生理食塩水:0.047

お問い合わせ先

製品についてのお問い合わせ