MENU

RID-VOC

VOCガス除害装置

概要

各種の揮発性有機化合物(VOC)について低濃度から1%レベルの高濃度まで広範囲に分解除害いたします。
装置に導入される排ガス条件に合わせて吸着剤および触媒を選定。
低温分解および熱回収方式による省エネ対応。

除害方法 触媒分解方式
導入風量 最大20m3/min
対象ガス
(代表例)
メチルアルコール、エチレン、シクロヘキサノン、トルエン、キシレン、
アセトアルデヒド、エチルアルコール
上記以外のガスについては当社までお問い合わせ願います。
対象ガス濃度 1%以下
出口ガス濃度 浄化率=99%以上
ユーティリティー
  • AC200V
  • AC100V
その他仕様 お客様の使用条件に合わせて設計いたします。
複数のVOC除害についてはご相談願います。

特長

宇部興産(株)独自の除害方式
吸着剤と触媒を組合わせて高効率での除害方式を採用。
※【特許申請中】
大流量対応
最大20m³/minまで対応できます。
コンパクト設計
最大で3,000mm×3,000mm×2,700mmのコンパクトサイズで設置スペースに配慮。
処理条件によってコンパクトに設計いたします。
低コスト
熱交換による廃熱利用でヒーターの電気容量を抑えます。
ブロワーはインバーターにて電力を節減します。
貴金属触媒で低温分解することにより、他の方式と比較しランニングコストを低く抑えられます。
安全設計
吸着剤で前処理することにより、ガス濃度を下げ均等化させ分解温度の急激な変動を抑えます。

注意事項

以下の場合は、触媒劣化や除害性能の低下に関与しますので当方へご相談下さい。

  1. 複数のVOCガス導入の場合。
  2. 水分を多く含むガスの場合。
  3. Siが同伴される場合。
  4. 規定濃度以上の場合。
  5. VOC以外の混合ガスが導入される場合。

システムフロー

システムフロー 図

装置(例):メタノール除害

導入量 10m3/min 対応装置
導入量 20m3/min 対応装置

お問い合わせ先

製品についてのお問い合わせ